さくさく山日記

山行記と自然の中で見たこと感じたことを綴ります。 植物についても忘備録的な感じで綴ってます。 その他、日々戯言的なことも・・・

今時の白石こころーど

マイヅルソウ、ケタチツボスミレ、フデリンドウ・・・と新顔さんの紹介をしてきましたが、ここでちょっとブレイク。

連日のように朝の出勤時間はお天気が良い。
白石こころーどもいよいよ華やかな花のシーズンが終わり、新緑の季節が近づいてきた。
主役が変わっただけで花がないわけではない。

紅白花合戦

少しずつ色が落ち着きだしたヤエザクラと白い花弁を広がるエゾノコリンゴ。

エゾノコリンゴはたくさん植栽されてない。知る限りでも数か所のような気がする。
「白い桜かしら〜?」なんて思ったのはたぶんエゾノコリンゴかと思われる。

八重に囲まれ

青空に緑の葉を広げ白い花弁を写すのはエゾノコリンゴ。

ほんのり赤茶けた葉とピンクの花弁を重ねづけをしてるのはヤエザクラ。

エゾノコリンゴ

樹木の白い花は、なんだか涼やか。


ヘラオオバコ

足元にはヘラオオバコ。

今年はきれいな土星風になってるのが少ないなぁ〜。
黄色く飛び出ているのが雄しべの葯だよ。
円錐の上部は雌しべがひしめく。雌しべが受粉完了してから雄しべが出て来るんだな。
雄しべの出てない他のヘラオオバコに花粉を提供する。


ライラック

大通り公園では三年ぶりのライラック祭りだとか。

いろんな色があって各々名前がちゃんとある。覚えきれないけど(笑)

ライラックは本名はムラサキハシドイ。 リラとも言われたりするね。
私はライラックよりも先に「リラ」で覚えた。
札幌出身の漫画家「岩舘真理子」の作品の中で、美大に通う主人公の親が危篤に陥った時に
楽しい思い出が残るリラの花をもう一度見たい・・・と。
でも季節は冬でどこにも咲いてるわけもなく、主人公が模造紙いっぱいにリラの絵を描いて病室に向かうのだけど、間に合わなかったという内容だったように思う。
草花にまったく興味がなかったが、この「リラ」という名前の木があることだけは覚えていた。
ちなみにライラックは「札幌の木」に指定されている。

イチョウ

イチョウの木も葉がぐんぐん伸びてきた。

今年もたくさん実をつけるかな?

目立つ花ではないけど、こちらも今が見ごろである。

すずやかに

たくさんの葉っぱに囲まれて咲くので、あまり気にする人もいないのかな?

でもよーーーーく見ると・・・

宇宙人いっぱい

ちっちゃい宇宙人がたくさんいる。

ナナカマドだ。

七回火にくべても燃えにくいとか?
いやいや、、そうでもないようですよ。知人で実験した人が居て「そんなことなかった」と話してました。

羽状葉

典型的な奇数羽状複葉である。
先端に一枚あって、その下は対で2枚・・・のはずなんだけど、
写真の右上の葉っぱが先端の葉っぱがない・・・。

複葉は、実際は一枚の葉なのに、まるで何枚もの葉であるかのように小さな葉(小葉)に分かれているつくりをしている葉のことを言う。
なんとなくピンとこないと思うけど、落ち葉となった時に小さい葉をつけたまま落葉してるよ。
トチノキも同じで天狗の団扇みたいに落ちている。その状態でひとつの葉というわけ。
ちなみにホオノキも似たような葉の形だけど、こちらは輪生してるだけなので一枚ずつ落葉する。

森林浴

明るいグリーンで癒され効果抜群。


今日は久しぶりの定時上がりだった。順調に仕事進み過ぎ。
やりすぎると明日やることなくなるらしい(笑)。

少し遠回りしてこころーどを走った(チャリで)のだけど、何やら小さな黒い羽虫がたくさん飛び交っていた。
光が当たると虫がわんさか飛んでるのが見える!
その中につっこむような形になるのだけど、体中にその黒い虫がたくさんついて、、、気持ち悪!!
あの時間に居た人たち、みんな気持ち悪かっただろうなぁ〜。
ちょっと調べると・・・クロバネキノコバエだろうか??
刺したり、噛んだりはしないようだけど・・・

そろそろ虫が出てくる季節ですなぁ。
まあ、山にも行かなきゃ刺される心配もないのですけど、、けど、、けど?

小さな青い宝石

山を歩いていてふっと足元に咲いているミヤマリンドウ。
それはそれは青い宝石のように輝いて見える。

もちろんミヤマリンドウが咲いているような高い山でも、そんな季節でもありません。
リンドウと言えば晩夏から初秋のイメージだろうか。

エゾリンドウ、エゾオヤマリンドウ、ミヤマリンドウ、ユウバリリンドウ、タテヤマリンドウ、トウヤクリンドウ等々・・・
どの花も閉じてる時は花弁がねじったようになっている。
そしてお日様が出てくると、そろりそろりと一斉に花を開くんだよね。
そのリンドウの開花のメカニズムを岩手大学で解明したようですね。
内容は割愛するが、どうやら「水門」機能が関係しているらしい。

植物ってたくさんの神秘があってステキ。

そんな青い宝石ですが、春の青い宝石はこちら。

お日様を浴びて

日があたり徐々に開花している最中かと。

とても小さな花だけど、レンプクソウと違って強烈に「ブルー」が際立つ。

フデリンドウ (リンドウ科)

花のわりに葉っぱがずいぶん厚い感じがする。

小さい

後ろに映っているオオタチツボスミレの葉っぱと比べると小ささがわかる。

ロケットみたな向きで咲いてるね。

頭の上から

ちょっと頭の上から撮りたかったが・・・。

フデリンドウ

お顔拝見。かわいい〜〜〜

花の真ん中に雄しべがあるのがわかるかな?
雄性先熟といって、これは雄性期の花。時間差で雌性期の花になる。
これは自殖(近親交配)を避けるためのしくみである。
近親交配すると遺伝子的に生存力や繁殖力が劣る子孫ができるのだ。植物だってそれは避けたい。
なので、雄性期と雌性期という時間差を作る。

同じ花の中で雄しべが成熟した時は、雌しべはまだ未成熟であって受粉ができないようになっている。
先に咲いて雌性期になってる別個体へ虫たちに花粉を運んでもらうことになるんだな。
これはタテヤマリンドウでも同じですよ。

ちょっと小難しい話でした。でも、神秘でしょ?

三兄弟

この頃は藻岩山でも見ることがすっかり少なくなった。

隔年でたくさん咲く年とそうでもない年があるようなことを聞いたことがあるけど真意のほどは?

葉っぱの形を覚えてしまえば、雪解け後に葉っぱが出てきた時に咲く場所をチェックできる。

ちなみにフデリンドウの花言葉は、花色が紫なら「高貴」、青色なら「誠実」だそうです。

小さくとも太陽に向かって凛と咲いてる姿はやっぱり美しい。
思わず笑顔になること間違いなしである。


スミレの花〜咲く頃〜

マイヅルソウの開花に続き、新顔ちゃんの紹介です。

全開

じゃん! スミレちゃんです。

サリーちゃんもヨシコちゃんも揃ってませんけど、すみれちゃんです。

全開もスミレちゃんは咲いていましたが、どうやら違う種類のようです。

横顔

横顔拝見。

距が花弁と同じ色をしています。
前回咲いていたオオタチツボスミレさんの距は白かった。

そして茎に短い毛がたくさん生えてます。

ちらっと葉っぱの根元に櫛状の托葉が見える・・・かな?

タチツボスミレかな

蕾ですが距が白いく、茎に毛も生えてません。
これはオオタチツボスミレ。

もとい・・・

ちっちゃ

葉っぱは丸く優しい感じ。

側花弁に毛は生えていません。

御すまし顔

ちょっと御すまし顔のこのスミレちゃんは、タチツボスミレです。

タチツボスミレというのもありますが、ケタチ・・・の方が多く見られるのだとか。

ちなみにオオタチツボスミレちゃんたちは、もう結実してました。

果実

かわいらしい実が出来ています。

右上ギリギリのところには閉鎖花?

これはこれで今後が楽しみです。

新顔ちゃんはまだまだおりましたよ。
引っ張るね〜(笑)

鶴が舞う花

本日はお日柄も良く・・・そろそろ咲いた頃かと思い再訪。

咲いた

咲いてました。

白くて蕊のツンツンした感じが可愛らしい花。

マイヅルソウ (クサスギカズラ科)

地下茎が伸びているので群生しがち。

並んで

葉っぱが一枚だけのは花をつけない。

二枚の葉っぱは段違い平行棒に段差あり。

いがいが

美人さんだね。

お花にズーム!

花

花弁がクルンと外側に反り返っている。

そこまでして蕊を目立たせたいのかな?
4つの雄しべと一つの柱頭。


根元

木の根元が好きみたいで、集まって咲いてるよ。

光と影

二枚の葉っぱの様子が鶴が羽を広げたように見えたというのが名前の由来。

葉脈がくっきりして、葉っぱもツルツルでピカピカ光っている。


これから

スタンバイ中の花もまだまだたくさん。

車が自由に乗り入れられるため、一部の場所では踏まれていた・・・

この場所の所有者の人もこんなに花が咲く場所だなんてわかってないんだろうなぁ。

今咲いてる場所もかろうじて・・・といった感じである。
自由に歩けるので、踏みつけられても仕方ないかなぁ・・・

いやいや、、踏まれても強くたくましく育っているはず!
私がたまたま今年見つけただけで、以前から状況は変わってないはずなんだから。

そう思うと植物って強いのね。

新顔さんがチラホラと咲いてました。
また明日〜。


夏日バテとMrチル祭り

今週は仕事が忙しいのに加えて、突然の夏日到来!

夏バテならぬ夏日バテした・・・。
自分のカラダも暑さに馴染んでないところにもってきて、倉庫内もまだまだ夏仕様ではないからだ。
外気温が23℃くらいになると、倉庫内・・・特に3階はすでに27℃近い。
夏仕様になると倉庫の数か所に扇風機が設置される。
今どき扇風機ですよ!冷房じゃないんですから!
ちなみに、事務所エリアは寒いくらいの冷房が入る。
特に午後から3階での作業は、10分も居ると意識が朦朧としてくる・・・。
いやはやぐったりだ・・・。

ぐったりしてるところに、覆いかぶさるようにモヤモヤした気分になることが多かった。
職場ではどこでもありがちな話だとは思うけど、モヤモヤが止まらなかった。
まあ、そんな話はまた今度?
とは言え、モヤモヤの内容を書き連ねたら超ブラックな記事になりそうだ(笑)

月と桜

桜越しのお月様でリフレッシュ。


会社ではモヤモヤすることが多かったけど、家ではHappyなことが目白押し。
5月10日にデビュー30周年を迎えたミスチル。
世間的には、みんな50歳を過ぎたおじさんなんだよね〜。そうは見えないけど。
若い頃のミスチルも悪くないけど、今だからこそいいっていうのもあるよね。
私なんぞファン歴3年ですからまだまだヒヨッコです。

4月30日に発売となったROCKIN’ON JAPANが手元に届き、特集記事熟読。
8日の夜にはYouTubeで2時間ほどの過去のライブ映像の配信、
9日は7月公開の映画「キングダム2」の主題歌となった「生きろ」のMVが公開、
11日にはベストアルバムリリース。もちろん初回盤予約購入した。
その日の深夜にLove Musicの放送、12日はNHKのSONGS、13日にはMステ。
その間に、10日の東京公演の配信が決定。
北海道はライブツアーに含まれてないから配信はとても嬉しい。
あ、日比谷音楽祭のファン配信もあったんだ・・・。

疲れた体に鞭打ってテレビやら配信やら観る観る。
いや〜一週間、よく頑張った。

手つかず

発売日前日(10日)には手元に届いたアルバムCDだが、
忙しすぎてまだ手つかずのままである。
週末ゆっくり拝聴しようと思う。

もしかして興奮して寝不足だろうか?
楽しみ楽しみ


ギャラリー
  • 今時の白石こころーど
  • 今時の白石こころーど
  • 今時の白石こころーど
  • 今時の白石こころーど
  • 今時の白石こころーど
  • 今時の白石こころーど
  • 今時の白石こころーど
  • 今時の白石こころーど
  • 今時の白石こころーど
月別記事
◇カテゴリーについて◇
★各カテゴリー横にある「+」マークをクリックすると年別記事やさらに細かく分かれたカテゴリーが表示されます。

★カテゴリー「藻岩山」には、三角山、円山も含まれています。

またそれ以外の札幌低山はカテゴリー「札幌近郊の山」に含まれます。
カテゴリー
Blog Ranking
☆ブログランキング参加中☆


人気ブログランキング


お知らせ
この度慣れ親しんだ「さくら」から「motoriko」に改名しました。

コメント等はどちらを使っても構いません。

今後ともよろしくお願いします。

2021/07/10記
プロフィール
☆☆ motoriko ☆☆

山登りは

1に体力2に気力3に愛嬌!

楽しかったらミンナシアワセ!

山は一期一会





最新コメント
記事検索
☆連絡先☆

個別にメッセージを送りたい方はこちらのフォームをお使い下さいませ。

名前
メール
本文